社長挨拶
何よりも、“人思い”の元気な
会社でありたい。
私が飲食店をやりたいと思ったのは大学時代でした。アルバイト先で「世の中にはこんなに美味しいものがあるんだ!」と興味を持ったのがきっかけです。大学卒業後に本格的に飲食業界へ入門し、30歳になるタイミングで独立。自分の店を成功させたいという一心でひたすら走り、3店舗ほど運営する頃には、経営的にも成功した実感を得ました。 ただ、目標を達成したことで、次のステップを見失った瞬間も。ハッと振り返って店を見てみると、ひたむきに頑張るスタッフの姿があり、その光景にガツンと胸を打たれました。経営者として「会社の利益をもっとスタッフに還元したい」という新たな想いが芽生え、これがアトモスダイニングを飛躍させる弾みになったと思います。 それから人材育成に力を入れ、トップダウンではなく社員の意見やアイデアを採用し、現場を任せる仕組みにシフトチェンジしました。すると、社員のモチベーションが上がって表情も一層輝き出したんです。お客様から「アトモスダイニングのスタッフは本当に素晴らしい!」とお褒めの声も増えました。人を育てることで仲間が増えて、会社が成長し、みんなと喜びを分かち合える。結果的に人生そのものが豊かになるような、そんな好循環を確信したのです。
企業理念「one and only」に懸ける、
大切な想い。
社長主体のトップダウンで経営すると、会社が同じカラーの人間ばかりになってしまいますよね。考え方や行動、表情までも同じような人々が集まっては、飲食店として面白みも発展もありません。弊社では社員の個性を活かし、チームで助け合いながら長所を伸ばす環境を大事にしています。 現在アトモスグループは30店舗ほど展開していますが、1つとして同じコンセプトの店がないのも、その地域の特性や、現場スタッフの個性を反映しているから。「店」を表現するのは「人」。だからこそ現場のスタッフのポテンシャルを大事に育て、磨き上げながら、人の個性が店の魅力へと昇華することを期待しています。そしてアトモスダイニングが地域に根ざし、かけがえのない存在として愛され続けることを、私たちは願っています。
福岡を世界一のグルメ都市に!
100年先もあり続ける会社へ。
ここ数年で、世界中で和食ブームが巻き起こっています。その一方、海外では「福岡」の認知度がまだまだ低いのが実情です。食レベル日本一の福岡の魅力を広めるために、地元飲食店の有志と結束して「福岡の食文化を世界に発信する株式会社」を立ち上げました。アトモスダイニングとしてもハワイやウラジオストック(ロシア)、タリン(エストニア)に出店を果たし、これからも積極的に海外に打ち出していきたいと考えています。 また弊社は、“1000人の経営者を輩出する”という目標も掲げています。社員も独立願望が強いメンバーばかり。彼らのモチベーションに応えるために、会社としてチャレンジの機会を増やし、独立を支援したい。ゆくゆくは「福岡の飲食店はアトモスの卒業生ばかりだね」と言われるくらい、社内で切磋琢磨しながら福岡の飲食業界を盛り上げ、スタッフみんなで幸せになりたいと思っています。
採用担当者挨拶
スタッフと会社が、
win-winの絆で結ばれています。
何よりも、“人思い”の元気な
会社でありたい。
私が飲食店をやりたいと思ったのは大学時代でした。アルバイト先で「世の中にはこんなに美味しいものがあるんだ!」と興味を持ったのがきっかけです。大学卒業後に本格的に飲食業界へ入門し、30歳になるタイミングで独立。自分の店を成功させたいという一心でひたすら走り、3店舗ほど運営する頃には、経営的にも成功した実感を得ました。 ただ、目標を達成したことで、次のステップを見失った瞬間も。ハッと振り返って店を見てみると、ひたむきに頑張るスタッフの姿があり、その光景にガツンと胸を打たれました。経営者として「会社の利益をもっとスタッフに還元したい」という新たな想いが芽生え、これがアトモスダイニングを飛躍させる弾みになったと思います。 それから人材育成に力を入れ、トップダウンではなく社員の意見やアイデアを採用し、現場を任せる仕組みにシフトチェンジしました。すると、社員のモチベーションが上がって表情も一層輝き出したんです。お客様から「アトモスダイニングのスタッフは本当に素晴らしい!」とお褒めの声も増えました。人を育てることで仲間が増えて、会社が成長し、みんなと喜びを分かち合える。結果的に人生そのものが豊かになるような、そんな好循環を確信したのです。
企業理念「one and only」に懸ける、 大切な想い。
社長主体のトップダウンで経営すると、会社が同じカラーの人間ばかりになってしまいますよね。考え方や行動、表情までも同じような人々が集まっては、飲食店として面白みも発展もありません。弊社では社員の個性を活かし、チームで助け合いながら長所を伸ばす環境を大事にしています。 現在アトモスグループは30店舗ほど展開していますが、1つとして同じコンセプトの店がないのも、その地域の特性や、現場スタッフの個性を反映しているから。「店」を表現するのは「人」。だからこそ現場のスタッフのポテンシャルを大事に育て、磨き上げながら、人の個性が店の魅力へと昇華することを期待しています。そしてアトモスダイニングが地域に根ざし、かけがえのない存在として愛され続けることを、私たちは願っています。
福岡を世界一のグルメ都市に!
100年先もあり続ける会社へ。
ここ数年で、世界中で和食ブームが巻き起こっています。その一方、海外では「福岡」の認知度がまだまだ低いのが実情です。食レベル日本一の福岡の魅力を広めるために、地元飲食店の有志と結束して「福岡の食文化を世界に発信する株式会社」を立ち上げました。アトモスダイニングとしてもハワイやウラジオストック(ロシア)、タリン(エストニア)に出店を果たし、これからも積極的に海外に打ち出していきたいと考えています。 また弊社は、“1000人の経営者を輩出する”という目標も掲げています。社員も独立願望が強いメンバーばかり。彼らのモチベーションに応えるために、会社としてチャレンジの機会を増やし、独立を支援したい。ゆくゆくは「福岡の飲食店はアトモスの卒業生ばかりだね」と言われるくらい、社内で切磋琢磨しながら福岡の飲食業界を盛り上げ、スタッフみんなで幸せになりたいと思っています。
専務挨拶
スタッフと会社が、
win-winの絆で結ばれています。